しなやかな貴金属

淀みのrhythmからなる雪隠

今日の散文 #10

平行に音叉震わす爪痕残すように私を囲むさざめきの浮輪 の蛍光的な美を果たすように声楽は歌われるべきなのである 器楽は奏でられるべきなのである 私には見える 暗黒世界の無限のスクラチアヽトが 白樺の木に登る少年を映し嘔吐する意味づけをほぼほぼ死なないようにす、ヴァランスとしての排他主義は 情緒をしまいながらも授かって、権力の位置エネルギーをⅠからⅫまでなめらかにした先に繋がるドレミファソラシド 襲う天まで更に均衡に、水平に、中庸にひと続きになるまで、環境が破壊され資源は枯れ最後の羊でさえも、(刈り取られた)

盲目として

 

新たな章(■)を始めよう 気化されずに済んだ音楽がある 恐らく『回る』としてのオルゴール

 

散髪

 

濃度として死も同然の線形が遮蔽した発射 線をなぞりつつ知能のありがたさを実感する 人生を面で捉えるとすると大きさが足枷となり王が下下が腹膜に癒着した臓物のように(旋律を)調べ生み出した金属 空が青い、それが隕石であり向かうところ音叉なのだ 水の美学と氷の美学、そして音楽があるところに愛が現れ進む火と共に 言うまでもなく、紫色である 

 

沈殿した遥か彼方の和の中に見出す節々の歩く戦士たちが片棒を担ぐ藝術とやらは、注連縄だ 大海は紐であり日本列島は蝶結びから落とされたBomb 筏しかなかった太古を、紐のグローバリゼイションが掻き分け、解く、解く、解く、いつ? 神武にカテーテル、まで。

今日の散文 #9

しかしながら。

『加速することができないスピードで書く、私たちの生涯 夢叶わずと知って今、それでも軽やかに駆ける勇気はあるか? 沈み込むまでに確定し、ドパミンを使って決断し、捨て去るものへの配慮は忘れずに、但し振り返ってはならない 碧く鈍色に輝く地球とは、常に底のない沼のことである 資本は愚かな粘性の空気のために、限りなく泳ぐ術を与えた 哨戒機として、大気圏を擘いた、針のように鋭く一直線な背泳ぎが、世界を胎動させる さあ、後悔しかない、恥の多い人生だったとしても、いつでも浮かび上がろう 深海3000mから ゆっくりと、ゆっくりと、几帳面な 生きるとはそういうことであるのだと 知るのは遅すぎました』

書き散らし

今現代哲学で思弁的実在論が流行っているのは,スマートフォン依存によって欧米人の自己効力感が揺らいでいるからだ。

また,犯罪者や怠惰な人間の「本人のせいだけではない」というのを科学が解明することによって,責任というフィクションが瓦解しかけているのも一因であろう。

自己責任論の徹底した否定がオントロジカルタームの正体である。

法律,人権の崩壊。

神秘主義が世界を席巻するかもしれない。

いや,すでに,Qアノンは神秘主義だ。

中沢新一は,チベット密教×レヴィストロースでオウム真理教を生み出したようにも思える。

 

例えば,ウクライナ/ガザで人が死ぬより,アニメキャラが死んで本気で涙してしまうのが日本人。メタフィクションの手法を使って,mother2(日本)→undertale(アメリカ)という,ゲームという体験の中に本物の命を吹き込んだゲームたち。

私は,これを意識出生と呼んでいる。

反出生主義の矛盾と超克 べネターvsシオラン/ショーペンハウアー - しなやかな貴金属

 

つまり,自己責任論がオワコンになるとアブラハム宗教と仏教を止揚した,新しくも古い円環と偶像崇拝かつ一神教の時代が来るということである!!!!

 

 

 

 

 

 

今日の散文 #8

磁場

爛れたセレブは、企図の滑りやすさとの比較において黒塗りに響きました。そろそろと盗んだピューリッツアー賞のそれは、斑点カラアの挑戦ガァ存在として無痛された薫陶兵。王とバラムツ蘭蘭と進む静かは輪に連れ去って聞きませんよ、!陽翼サンバとともに、ハイキングしていってください。つまり、昇降式保母刺すがクーリュール・デ・ボワしてランドセル南東㌣愛してるに捉えくれマンがしてて……。端を瓜に放ち地位裸足になんともせむ"うぐいす"し、力がん。でした。ホープオウンドしゃんとしい、優れて盛ら晴れた夕焼けの日、まだ蕾だったこれからが放任主義から野々瀬が暴言をふるい拙い注ぎ口がbang!!!!幼児ナンへ渋柿誘う論理として審判的に稲架にて朦朧としないように盲点雷雨殺さ

 

ちう、ちう水道橋、そして向こうには顧みずともキャンベラの建ち並が煤を被って星の宇宙がぞそぞそとむら論染める舞と乳歯カチコチと極める発露す、獅子溶ける脳像慎ましやかに写す花芽埋まりね、。夫婦機内冗談つーくいマラニッツ支えたんばかつの旨と旨と旨?せせらぎからショーウトパームまで、すべて辛く踊るヘルツ.ロウリュから減し、ど?坂理乙範囲狸贖へと不思議陸  奥。

↑襞

 

祖染めくライチ味わへよ鶴の呼び声慎ましく下げろ

 

綿なしには絡みつき芥子涼めするするとかち割り氷とヘムレンのように関わり 王の乳房は絡まりあった先の道路(どおろ)にむつめし耀しかとなく  、 。階建海だ和馬漆士向こう側と寿司らいからの枚目とおなちようにさ、さえる喉ここから『』りん土曜にかからばったよ市志木になることなくるしづむ瓜敗れた!!!!皆目殴打すまざまざまざと、進めば一歩は白線に、そぞろに羅城門くらいには報復の社から最、大限発揮され俯く、 外灘 外灘 轆轤かませ日城 洛なテッキンの音がすぐそこににもににオムレツ学はなし。! ラウンジオープンマイルドオールラウンドハーバーツ⇑ 下からすぐに針葉樹林 青の白さを黒が知り、日照りの逆さは夫婦が擦る耳元までに?…数とねまざまざと うくりうくりカプカプと、沈む lol

 

今日の散文 #7

モダンな魂

うつりにけりな魂を降ろしてくる方法を知っていますかがつまり息を百会で吸って拇指球で吐くのですが中国政府の陰謀で愛がろ過されていますので僻んでも無駄というよりもむしろ連鎖していくよりも輪であると言える呼吸ですがいずれ終わりはありますしかし難しいもので

 

程々にしておくべきことは程々にしておいてくれよとまだまだ君は若いのだから真空からエネルギーを得る島の詩を口ずさみながら審判の縁に立ち負けるなと叫びつつも負けようとする画面と御心と前から知っていた子どもはとてつもなく虚ろで廃したそして吸って吐いた

 

分散和音を星座のようにそれが音楽であるのだが息をのせてうまくならない行き過ぎた情緒と不安定なシニカルとが合わせて結ぶきつく新たな試みとして果たせるかが挙げられる旨を伝えた裸足の君との抗議活動してまだですか降誕はニスを塗りながら待ちますよもちろんだからってねえそれは当たり前のことでしょうであるからして覗き

 

つつ積み上げたものは一瞬にして喉越し良く滑り込みはたまた人間が動物が捧げる命と美しさの総量が違うという君へそれは嘘ですだから見てください私のように筒を持ち酒盛りをし埋められた翡翠は耳を傾けながら溶けただろう担いだよ腸(はらわた)を済むまでに新たなクジラを発掘せよ毎日のように。

2023 春 短歌

6日遅れですがなんとか継続してます。春というとどうしても思い浮かぶ材料が桜ばかりになってしまうのがむつかしい。教養も、感性もだめなので。つまりは精進します。

 

1. 春一番杉の恋文あてどなくその眩しさに目を擦る君

2. 心機一転新大陸暦も貼り替え終わりの始まり

3. 移り気な母の行く末決めたのはいつどこの街の桜のトンネル

4. 華奢な手に夢をいっぱい詰め込んだ新入生に皐月這い寄る

5. 真夜中を抱いた季節に走るだけ暖かな色と大気に乗せられ

6. 滑空す家庭科室の紋白蝶丸い右目にそつとスケッチ

7. 春霞を傘を投げ捨て突き進む柔らかな雨を鎧に纏って

8. 青一面タコさんウィンナー鮭おにぎり鶏の唐揚げフライドポテト

9. 赫きもの冬を装い春を舞う我は澱めど暦は替る

10. 汗ばむ肺にキスする三秒前土の長閑を妊む右足